Skip to main content

CACC オンライン・オープンハウス – 未来の空港

未来の空港次のセクションでは、最新の技術について説明します。 最新の技術は、需要に対応し環境インパクトに対処する上で大きな期待が寄せられていますが、多くの技術は開発途上にあります。 委員会は、旅客サービス、航空貨物、一般航空のキャパシティ問題の解決に、この技術がどのように役立つかについて、研究を続けています。しかしながら、空港輸送に大きな変化を与えるまでには、成熟が必要な技術ばかりです。

現在の航空機技術、特に長距離飛行では、化石燃料とそれに伴う近い将来の環境インパクトに依存し続けるでしょう。しかしながら、サステナブルな航空燃料( (Sustainable Aviation Fuels, SAF)の使用と、新たな航空機技術は、特に短距離飛行で、有害な環境インパクトを大幅に低減し、コストを削減し、アクセスと利便性を向上する可能性を示唆しています。 現在 SAF は州内で使用されていますが、比較的少量です。

「未来の空港」の姿

今後10年以内に、騒音の少ないゼロエミッションの9~11人乗り小型航空機が実用化される可能性があります。  また、グリーンエネルギーを利用した「未来の空港」を開発し、サステナブルな地上・航空輸送を実現することも可能かもしれません。 なお、ゼロエミッションの航空機は、今後数年の間に有意義な方法で需要に対応することはないと、留意すべきです。

代替燃料や航空機技術の進歩により、未来の空港は騒音の影響が少なく、航空機からの排出物もゼロ、もしくは限りなくゼロに近くなるでしょう。 維持・運営コストは従来の空港よりも低くなると想定されていますが、グリーンな「未来の空港」を開発するための初期費用は相当なものになると予想されます。

ご意見をお聞かせください。

州がグリーン技術を取り入れ、新しいグリーンな「未来の空港」のコンセプトを達成することに対して、どの程度支持されますか

電動航空機

商用航空の将来の需要に応えるアイデアの1つに、騒音や排気ガスを大幅にカットできる電動航空機を使って、小規模空港が短時間のフライトに対応できるようにする、というものがあります。 ワシントン州は電動航空機の開発の先駆けです。2019年には、エバレット(Everett)に拠点を置く magniX のエンジンを使用した商用航空における最初の完全電動航空機のテスト飛行を完了したほか、ワシントン州に拠点を置く複数の企業が、電動航空機の分野を推進しています。

Electric aircraft
クレジット: magniX

現在の試験結果によると、ゼロエミッションの旅客機は2020年代半ば~2030年代初め頃に就航できる可能性があります。 これらの航空機の運用や維持に関わる費用は、従来の航空機よりも抑えられるため、複数の空港に分散導入することが可能です。 しかしながら、電動航空機は飛行距離に限界があり、地域内間への就航が中心となるでしょう。 より長距離の飛行には、旅客が電動航空機でハブ空港まで移動し、そこから最終目的地へ向かうことになります。 上記に述べた通り、ゼロエミッションの航空機は、今後数年の間に有意義な方法で需要に対応することはないと、留意すべきです。

ご意見をお聞かせください。

大幅な排気物の削減またはゼロエミッションの航空サービスを追加することによって、州内各地からハブ空港へのルートを拡充させることに対して、どの程度支持されますか?

ワシントン州内により多くの地域空港を有することによって、もたらされる結果を次にいくつかあげます。 以下の結果に対する支持の度合いを教えてください。

  • 現在よりも多くの空港にアクセスできる
  • 空港開発の費用を地域がある程度負担しなければならない
  • 現在と比べて、航空機による大気汚染が減少する
  • 新しい空港の運営が地元経済の成長を促進する
  • 新しい空港の運営が人口増加を促進するかもしれない
  • ハブ空港での乗り継ぎが便利になる
+ 2 = 5